会社設立には印鑑証明書が必須

会社設立するときは、必要な書類がいくつかあります。
その中の1つとして用意が必須なのが、印鑑証明書になります。
これはどんな書類で、どのように必要なのかご紹介しましょう。

印鑑証明書とは、自分の実印の印影や、持ち主情報を公的に証明するための書類です。
その書類に自分が実印として使っている印鑑の印影が載っていますから、実際に捺印した印影と見比べることで、この実印が本物だと証明できるのです。

それが印鑑証明書の一番の役割ですが、このほか、身分証明書のように持ち主の住所氏名なども載っています。
これも非常に大事な情報で、その印鑑の持ち主が誰で、どこに住んでいるか証明できます。
印鑑証明書を提出するときは、住所氏名も一緒に申告していることが多いですから、この証明書でそちらの確認も行えるのです。

このような機能のおかげで、印鑑証明書があるとなりすましや印鑑の偽造を防げます。
そのため、なりすましや印鑑の偽造を防ぐ必要がある公的な届出を行うとき、印鑑証明書の提出を求められます。
会社設立も、そのような場面の1つになるのです。
これから会社を作ろうとしている方が、第三者の名前で起業することがあってはなりませんから、関係者の印鑑証明書の提出が必要になるのです。

これの提出が必要になるのは、まず株式会社の場合で公証役場と法務局です。
公証役場では定款の認証を受けます。
このときに必要なのは、これから認証を受ける定款のほか、発起人の印鑑証明書となるのです。
発起人が複数人いる場合、全員分の印鑑証明書が必要になりますから、忘れずに全員分を用意してください。

次に法務局で登記を行うときは、取締役に就任する方の印鑑証明書を用意します。
取締役が複数人いる場合、やはり全員分の印鑑証明書が必要になりますから、忘れずに用意してください。
ただし、取締役会を設置する場合、代表取締役に就任する方の分だけでOKです。

このようになっていますが、これから作るのが合同会社になる場合は、公証役場での認証手続きは不要です。
印鑑証明書が必要になるのは、法務局での登記のときだけとなります。

そしてこのとき、この書類が必要になるのは、代表社員に就任する方です。
この方は自分の印鑑証明書を用意し、登記のときに一緒に提出してください。

このように会社設立するとき、印鑑証明書は必須の書類になっています。
用意するときには、最寄りの市役所などで自分が使っている印鑑を登録する必要があります。
すでにやっている方はいいのですが、まだの方は早めに登録手続きをやっておくといいでしょう。