株式会社の設立と印鑑

これから会社設立するとき、もっとも一般的な種類になっているのが、株式会社です。
多くの企業がこの形態を取っていますから、なじみ深い会社となるでしょう。
この株式会社をこれから設立したいとき、株式会社用の定款を作ったり、公証役場で認証手続きをしたりと、株式会社ならではの手続きを踏んでいくことになります。
この手続きに気を取られがちですが、やるべき手続きの一つに、印鑑の用意もあります。

必要な印鑑をショップで購入するだけですから、手続きの難易度は非常に低いのですが、忘れていると必要なときにすぐこれが手に入らず、手続きが遅れることもあります。
株式会社の設立にあたり、印鑑の用意も忘れないようにしてください。

どんな印鑑を用意すればいいのでしょうか?
必ず必要になるのは、代表者印という印鑑です。
これが以降、その会社の実印となるものです。
正式には代表者印という名前で売られていることが多いですから、これを探してみてください。

代表者印はどこに売っているかというと、専門の印鑑ショップです。
法人用の印鑑を扱っているショップはたくさんありますから、そちらで注文してください。
これらショップはオンラインショップもあり、インターネット経由で注文できます。
この方法だと来店する必要もなく、速やかに注文を出せますから、なるべく早く株式会社設立用の印鑑を用意したい方にはおすすめです。

代表者印を購入するときは、社名を正式に決めることが必要です。
代表者印の印面には社名が入るためです。
そのため正式決定したその社名は注文時に伝える必要があるのですが、これを行う時期に注意してください。
これは発起人が社名の案を考えた段階ではなく、それが社名として使えることを正式に確認したあとに行います。

社名は基本的に自由に決められるのですが、実際には決め方にルールがあり、その関係でボツとなる社名が出てくることもよくあります。
社名の決め方をきちんと確認し、それが使えることを正式に確認できたら、株式会社用の印鑑を用意するといいでしょう。

株式会社の設立をするとき、このように代表者印が必ず必要になりますが、このときに銀行印と角印を一緒に注文する方も多いです。
銀行印とは口座開設など銀行で使う専用の印鑑です。
角印とは代表者印を使うほどではないときに使う認印です。

これらは会社設立後に必要になることが多いため、代表者印と一緒に購入する方が多いのです。
すべての印鑑がセットになった商品もよくありますから、株式会社の設立にあたり、それら印鑑を購入するといいでしょう。