会社の種類と最低資本金について


 
・会社設立をしようと思った時会社の種類を決めよう
会社といえば株式会社が主流ではありますが、実は株式会社だけではありません。
この会社の種類を知ることにより会社設立をする際に、自分の会社の種類を決めることが出来ます。
では会社の種類を見てみましょう。
会社の種類は株式会社・合名会社・合資会社・合同会社の4つがあります。
しかし合名が居やと合資会社はほとんど設立することが無いので、株式会社か合同会社のどちらかで検討することとなります。
ここで4つのうちの2つに絞ることが出来ました。
ちなみに省略した合名会社と合資会社は、責任が重くこちらを選択するのであれば株式会社にするというようなこともありあまり選択する人がいないという理由があります。
 
・株式会社と合同会社の違い
では株式会社と合同会社どちらを選んだらよいのでしょうか。
まず大きな違いは設立時に初期費用がかなり違います。
合同会社では6万円、株式会社では20万円と初期に絶対必要な経費が大きく違います。
合同会社では登記免許料が6万円なのに対して株式会社の場合は15万円とここで大きく違ってきます。
また合同会社は定款の認証がいらないためここでも大きく費用面では抑えることが出来ます。
これに対して株式会社は株式の発行があります。
少し前までは有限会社というものがありましたので、株式会社は規模が大きな会社が多かったのですが、1円株式会社と1円からでも株式会社を設立できるようになったころから、株式会社であっても一人で運営しているという会社も多くなってきました。
どちらが良いのかは事業や今後の事も踏まえて決めていくのが良いですが、合同会社で設立しても途中で株式会社への変更することも可能です。
合同会社の方が手続きは簡単ですので、簡単に法人を登記するのであれば合同会社の方が良いかもしれません。
また会社設立時の資本金もしっかりと計算をして決定することをお勧めします。
最低資本金は1円からとはなるものの、実際にかかる金額を考えて決定しなければなりません。
また登記簿上にも資本金が記載されますので、ある程度の資本金を載せておいた方が無難です。
 
・株式会社と合同会社ではどちらが多い?
合同会社は近年人気が高く、右肩上がりで伸びています。
そんな合同会社ですが、株式会社との比率はどうなのでしょう。
人気のある合同会社ではありますが、やはり株式会社の方が多いのが現状です。
合同会社は株式会社と同じ節税が受けられるものの、信用面では株式会社の方が上になります。
また会社といえば株式会社が最初に思い浮かぶという事もあり実際は株式会社の設立の方が多くなっているようです。
しかし初期費用を抑えての設立であれば、断然合同会社をお勧めします。