会社の種類と最低資本金について


 
・会社設立をしようと思った時会社の種類を決めよう
会社といえば株式会社が主流ではありますが、実は株式会社だけではありません。
この会社の種類を知ることにより会社設立をする際に、自分の会社の種類を決めることが出来ます。
では会社の種類を見てみましょう。
会社の種類は株式会社・合名会社・合資会社・合同会社の4つがあります。
しかし合名が居やと合資会社はほとんど設立することが無いので、株式会社か合同会社のどちらかで検討することとなります。
ここで4つのうちの2つに絞ることが出来ました。
ちなみに省略した合名会社と合資会社は、責任が重くこちらを選択するのであれば株式会社にするというようなこともありあまり選択する人がいないという理由があります。
 
・株式会社と合同会社の違い
では株式会社と合同会社どちらを選んだらよいのでしょうか。
まず大きな違いは設立時に初期費用がかなり違います。
合同会社では6万円、株式会社では20万円と初期に絶対必要な経費が大きく違います。
合同会社では登記免許料が6万円なのに対して株式会社の場合は15万円とここで大きく違ってきます。
また合同会社は定款の認証がいらないためここでも大きく費用面では抑えることが出来ます。
これに対して株式会社は株式の発行があります。
少し前までは有限会社というものがありましたので、株式会社は規模が大きな会社が多かったのですが、1円株式会社と1円からでも株式会社を設立できるようになったころから、株式会社であっても一人で運営しているという会社も多くなってきました。
どちらが良いのかは事業や今後の事も踏まえて決めていくのが良いですが、合同会社で設立しても途中で株式会社への変更することも可能です。
合同会社の方が手続きは簡単ですので、簡単に法人を登記するのであれば合同会社の方が良いかもしれません。
また会社設立時の資本金もしっかりと計算をして決定することをお勧めします。
最低資本金は1円からとはなるものの、実際にかかる金額を考えて決定しなければなりません。
また登記簿上にも資本金が記載されますので、ある程度の資本金を載せておいた方が無難です。
 
・株式会社と合同会社ではどちらが多い?
合同会社は近年人気が高く、右肩上がりで伸びています。
そんな合同会社ですが、株式会社との比率はどうなのでしょう。
人気のある合同会社ではありますが、やはり株式会社の方が多いのが現状です。
合同会社は株式会社と同じ節税が受けられるものの、信用面では株式会社の方が上になります。
また会社といえば株式会社が最初に思い浮かぶという事もあり実際は株式会社の設立の方が多くなっているようです。
しかし初期費用を抑えての設立であれば、断然合同会社をお勧めします。

会社設立に宮崎がおすすめな理由


 
会社設立におすすめと言われている地域が、宮崎です。
日本でも有数の歴史を持ち、伝統的な日本家屋はもちろん、美しい自然も残されている地域となっています。
日本の経済を支えている地域としては、東京や大阪の他、名古屋に福岡、札幌、仙台、広島などがあります。
宮崎はどちらかというと、ビジネスチャンスは少ないエリアだと思われるかもしれません。
しかし、実際には宮崎はまだまだ発展できる可能性を秘めています。
特に日本は一極集中になりがちな傾向があり、近年も大都会に人が多く集まっています。
逆に言えば、今後は地方の力をどれほど強く保てるかが重要となってくるでしょう。
そういう点も含めると、やはり宮崎が会社設立におすすめです。

宮崎が会社設立におすすめの理由としては、まず一定の人口を有している点にあります。
いくら地方で会社設立をするとは言っても、需要がなければどんなに供給があっても意味がありません。
しかし、宮崎は数十万人単位で人口を有しており、他の大都市と比べると小規模なものの、とてもビジネス拡大のチャンスは眠っていると言えるでしょう。
ただ、何をビジネスとして展開するかによっても変わってきます。
宮崎で会社設立をするのなら、それに見合ったものを提供できるかどうかが重要です。
もちろん、近年はITなどを活用したビジネスも多く、拠点は地方に持ちながらも日本全国をターゲットにしている企業も多々あります。
ビジネスモデルによって変わってきますが、それらも考慮すれば宮崎での会社設立もかなり魅力が大きいと言えるかもしれません。

宮崎は都心に比べて土地や建物も安い、事務所を借りたり店舗を建設したりするのも比較的楽にできます。
初期投資が必要となる会社設立の場合は、やはりいかに費用を抑えるかが重要です。
特にその地域ではないとダメということでなければ、宮崎のように少し都心から離れたところで会社設立をするというのも良いかもしれません。
また、宮崎は近年、企業誘致も積極的に行っており、他の地域からも企業が進出してきている傾向があります。
そのため、比較的企業として会社設立もしやすいのではないでしょうか。
そういう点も含めて、まずは宮崎も視野にいれて事業計画を立ててみてはいかがでしょうか。
もしかすると、それが大きなビジネスチャンスを掴んでくれるかもしれません。
その限りとは言えませんが、やってみる価値がある地域というのは他にもあります。

会社設立の調査報告書とは?

会社設立の時に必要になる書類のひとつに、調査報告書というものがあります。
これは一体どのような書類なのでしょうか?
ここで、この会社設立に関する調査報告書について、詳しく解説していきます。

調査報告書とは、株式会社を設立する時に、現物出資がある場合に提出の必要がある書類です。
現物出資というのは、例えば車や土地などの価値のある資産を、資本金として会社に出資するということです。
この場合に、現物出資をした対象者の調査報告書を作成し、他にも現物出資財産引継書と資本金の額の計上に関する証明書、合わせて3種類の書類を揃えて提出しなければなりません。
他に、現物出資に関することを、会社の定款に記載する必要があります。

定款とは、会社の商号や役員の数本店所在地、ルールなどを定めたものを言います。
会社登記の時には、定款を公証人役場に登録する必要があります。

さて、調査報告書に関する説明はここまでですが、このような会社設立に関する相談先があれば、安心して手続きを進めていけるのではないかと思います。
実は、無料相談窓口は登記手続きを行う法務局でも対応していますので、まずはそちらに相談するか、最寄りの市区町村役場にも窓口がありますので、そちらにそちらに何かあれば相談に行くという方法が、一番ポピュラーな相談方法だと思います。

会計の専門家が、こういった会社設立のエキスパートだったりしますので、そういった事務所の相談窓口に連絡をしてみるのも一つの方法です。
こちらの場合は、初回相談が無料で設定しているところが多いですが、2回目以降はお金がかかる場合があります。
何かしらの相談がある人は、メールか電話で詳しく説明を聞いてみてください。

さて、このように会社設立をする時には、色々必要になる書類が出てきます。
一つでも足りないと登記が認められない場合がありますので、そうなってくると法人としての開業が遅れてしまいます。

手続き上のミスがないよう、会社設立に関する手続きは、タスク管理でまとめておくと後々便利です。
タスク管理とは、いわゆるスケジュール管理のことで、やらなければならない手続きを箇条書きでまとめていき、終わったものからチェックをつけて最終的なゴールへと手続き業務を進めていきます。

必ずやらなくてはならないものではありませんが、秘書を雇わない限り会社のオーナー自らがタスク管理をしないと何かしらの抜けが生じてしまう可能性があります。
そうならないよう、アプリなどを使って自分のスケジュールや各種手続きに必要な書類等を管理していくといいでしょう。

会社設立での英語表記活用の効果

会社設立の時に悩むのが、会社名を英語表記にするかどうかという点なのではないでしょうか。
意外と小さなことかもしれませんが、英語表記にするかどうかという点はとても重要です。

例えば、会社には株式会社や有限会社、合同会社や合資会社などがあります。
それぞれ、英語表記にするだけでグローバルな企業として認識されることも多く、海外に今後は拡大していきたいと思っている会社でもしっかり認識してもらうことができます。
近年は大企業の中にも、日本語表記から英語表記にしているところもあるでしょう。
これはブランド名や商品名、サービス名でも多用されています。日本は特にアメリカやヨーロッパなどの英語圏との関わりが強いため、英語表記の会社名はとても重要となるでしょう。
今後、海外に向けて事業を拡大してきたいと思っている場合は、ぜひ英語表記を取り入れてみてください。

ただ、英語表記の場合は注意点もあります。
まず注意しておきたいのが、日本人にもわかりやすいものにするということです。
いくら海外を拠点に事業展開するとは言っても、日本で浸透しなければ海外でも認められないことが多いです。
そのため、近年の主流となっているのが、会社名を日本語表記と英語表記の両方で表記するということでしょう。
これによってどちらにも対応することができます。

大手企業として知られるところでも、大手会社でもそれらの傾向が強くなっています。
より英語表記の重要性が増している昨今、会社名をしっかり世界に認識してもらうためには、海外の方も読めることはもちろん、日本の方も読めるようにしておくのが良いでしょう。
ただ、そこまで事業を拡大することができるかどうかに関しては、経営陣の手腕もかかっています。
そこはしっかりと考えておくことが必要となるかもしれませんね。

ちなみに、英語表記に関しては何も会社名だけではありません。
例えば商品の詳細やサービスの詳細も英語表記にしたりすることで、より外国の方でも利用できるようにするという方針が多くなっています。
その他、日本語対応はもちろん英語対応をすることで、よりターゲットの範囲を広げていくこともできるでしょう。

そういう点では、やはりしっかりと考えて対応していくことが必要となるのではないでしょうか。
まずは会社設立で英語表記を活用するかどうか考えてみてください。
日本を拠点にするのも良いですが、海外を拠点にするのも今後は必要となってくるでしょう。

会社設立のメリットとは

株式会社、合同会社など、ビジネスを行うにあたり会社を作れますが、これら会社設立のメリットとはどんなものでしょうか?
非常に大きなメリットになるのが、ビジネスがやりやすくなることです。
なぜかというと、会社を作った方が周囲から選ばれやすくなるからです。
“会社設立のメリットとは” の続きを読む

株式会社の設立と印鑑

これから会社設立するとき、もっとも一般的な種類になっているのが、株式会社です。
多くの企業がこの形態を取っていますから、なじみ深い会社となるでしょう。
この株式会社をこれから設立したいとき、株式会社用の定款を作ったり、公証役場で認証手続きをしたりと、株式会社ならではの手続きを踏んでいくことになります。
この手続きに気を取られがちですが、やるべき手続きの一つに、印鑑の用意もあります。
“株式会社の設立と印鑑” の続きを読む

会社設立のデメリット

一般的に会社設立するとメリットが多いと言われますが、デメリットの部分にはあまり触れられることがありません。
確かに会社設立することによって社会的な信頼度も高まりますからビジネスの幅も広がり、事業拡大できる可能性はグッと高まるのは間違いないでしょう。

特に企業間での取引をするなら個人事業主のままでは限界があるでしょうし、企業の中には法人以外との取引をしないというところも少なくありません。
実際に会社設立した人に話を聞いてみてもこれまで相手にしてくれなかったような企業も会社設立したことによって取引ができるようになったという声がよく聞かれます。
“会社設立のデメリット” の続きを読む

合同会社の代表社員


自分で作れる会社の種類には、株式会社のほかに合同会社もあります。
これは社員全員がその会社のオーナーでもあるという形式の会社なのですが、これではオーナーが何人もいて混乱しないのか、疑問もあるでしょう。
そのようなことは、一般的にはありません。
株式会社と同じように、権限は明確にされていることが多いです。
そのような環境を作れるのは、代表社員という役職があるからです。
“合同会社の代表社員” の続きを読む