会社設立のメリットとは

株式会社、合同会社など、ビジネスを行うにあたり会社を作れますが、これら会社設立のメリットとはどんなものでしょうか?
非常に大きなメリットになるのが、ビジネスがやりやすくなることです。
なぜかというと、会社を作った方が周囲から選ばれやすくなるからです。
“会社設立のメリットとは” の続きを読む

株式会社の設立と印鑑

これから会社設立するとき、もっとも一般的な種類になっているのが、株式会社です。
多くの企業がこの形態を取っていますから、なじみ深い会社となるでしょう。
この株式会社をこれから設立したいとき、株式会社用の定款を作ったり、公証役場で認証手続きをしたりと、株式会社ならではの手続きを踏んでいくことになります。
この手続きに気を取られがちですが、やるべき手続きの一つに、印鑑の用意もあります。
“株式会社の設立と印鑑” の続きを読む

会社設立のデメリット

一般的に会社設立するとメリットが多いと言われますが、デメリットの部分にはあまり触れられることがありません。
確かに会社設立することによって社会的な信頼度も高まりますからビジネスの幅も広がり、事業拡大できる可能性はグッと高まるのは間違いないでしょう。

特に企業間での取引をするなら個人事業主のままでは限界があるでしょうし、企業の中には法人以外との取引をしないというところも少なくありません。
実際に会社設立した人に話を聞いてみてもこれまで相手にしてくれなかったような企業も会社設立したことによって取引ができるようになったという声がよく聞かれます。
“会社設立のデメリット” の続きを読む

合同会社の代表社員


自分で作れる会社の種類には、株式会社のほかに合同会社もあります。
これは社員全員がその会社のオーナーでもあるという形式の会社なのですが、これではオーナーが何人もいて混乱しないのか、疑問もあるでしょう。
そのようなことは、一般的にはありません。
株式会社と同じように、権限は明確にされていることが多いです。
そのような環境を作れるのは、代表社員という役職があるからです。
“合同会社の代表社員” の続きを読む

会社設立に関する相談

会社設立に向けて動き出したいけど、困ったときに頼れる人がいたほうが心強いはずです。
特にはじめて会社設立する人にとっては分からないことのほうが多いですし、おそらくいくつも壁が立ちはだかってくるでしょう。
そこでここでは会社設立について相談できるところはどこか紹介していきますから参考にしてください。
“会社設立に関する相談” の続きを読む

会社設立の手続き

会社設立の手続きは会社の種類によって異なると言われていますが、確かに細かな部分では少し違うにせよ、基本的な流れはそれほど大きく変わりません。
まず分類すべきは株式会社と合同会社、そしてその他の合名会社・合資会社です。
株式会社の場合、4つの中で唯一公証役場での手続きが必要になり、定款の認証をしなければなりませんから、そのステップが加わります、
ただ後は法務局で手続きをするのも変わりませんし、税務署などに届出をしたり会社に必要なものを購入したりする点は同じです。
“会社設立の手続き” の続きを読む

会社設立の費用

会社法が新しくなったことで以前よりも会社設立はしやすくなったと言われていますが、それでも設立費用は発生しますので、少なくともそのお金は準備しておかなければなりません。
現在主流となっている形態は株式会社、次いで合同会社ですが、この2つの会社設立にかかる費用は異なります。
“会社設立の費用” の続きを読む

種類別の必要書類について

会社設立するときには必要書類を用意しなければなりませんが、これは会社の形態をどれにするかによって異なります。
まず株式会社の場合は公証役場で必要になるのが定款3部と発起人全員の印鑑証明、そして40,000円の収入印紙を貼り付けた用紙、公証人手数料となる50,000円、謄本証明料2,000円程度、法務局では登記申請書、登記記録がされたCD-Rなど、定款、代表取締役の印鑑証明書、資本金の金額を示す書類、印鑑届出書、就任承諾書などです。
また代理人が代わりに手続きをする場合は委任状と代理人・代表の印鑑証明が必要になります。
そして定款の認証を電子定款で行う場合は収入印紙代の40,000円は不要ですから、株式会社設立をより安くするなら電子定款にしたほうがいいでしょう。
“種類別の必要書類について” の続きを読む