会社の種類

2006年(平成17年)5月より新会社法が施行され、会社形態も株式会社・合同会社・合名会社・合資会社と4つの種類の中から選択できるようになりました。
これから会社設立を考えている人はまずこの4つの会社形態の中からどれを選択するか決めなければなりませんから、頭を悩ませることになるでしょう。

そこでここでは現在の会社形態の紹介をしていきますので、これから会社設立したいと考えている人は参考にしてください。
はじめに合名会社と合資会社は一般的に設立するメリットがほとんどなく、個人事業主の集合体のような特殊な会社形態なので、身内間で管理したいという目的以外では選択されることがありませんので省いていきます。

現在日本で会社設立するときには事実上株式会社か合同会社のどちらかを選択することになります。
まず株式会社とはどんな会社形態かと言うと、その名の通り株を発行してそれを買ってもらうことができる会社です。

もちろんそれだけはありませんが、株を発行してそれを誰かに買ってもらえればその分を会社の運営資金に回せますし、会社の知名度が高まれば高まるほど株を欲しがる人も増えますので事業拡大がもっともしやすい会社形態と言えるでしょう。
上場会社となれば常時会社の株式が注目されることになりますので、その業績にも注目が集まりますし、その分プレッシャーはありますが結果が出たときのリターンはとても大きいと思います。

また細かい運営方法は少し異なるものの、有限責任社員が役員のみになりますので、基本的には出資者にあたる株主とともに会社運営の実権を握るのはこの人たちです。
つまりリーダーを中心にして会社を運営していくスタイルと言えば分かりやすいでしょう。

一方合同会社の場合は株式会社よりもチームワーク重視の傾向が強く、これは社員全員が出資者であり有限責任社員になるからです。
なぜなら合同会社には役員という概念がありませんので代表取締役や監査役などもいませんし、社員全員が平等な立場で運営に携わることができます。

その分株式会社と比べるとやや閉鎖的な環境にはなりますが、全社員が同じ方向を向いて運営していくには最適の会社形態です。
加えて決算報告義務がありませんので、会社の経営状況が外部に漏れる心配がないという点も大きなメリットではないでしょうか?

このように株式会社と合同会社は特徴が異なりますので、会社形態を選ぶときはそれぞれの特徴をよく比較してみるといいでしょう。