合同会社と株式会社


会社設立するとき、株式会社にするか、それとも合同会社にするかを検討されることが多いです。
会社といえば現在は株式会社がメジャーですが、無理にこちらにする必要はありません。
もちろん株式会社を作るメリットもあります。
そちらの方が大事なら、やはり株式会社を選ぶのがおすすめですね。

これらはどう違うのでしょうか?
主に知っておきたいのは、設立後の違いです。
会社の運営では社会的な信用度も大事なのですが、それがより高いのは株式会社の方です。
合同会社も自営業に比べるとずっと信用されやすくなりますが、株式会社に比べると現在はまだあまり信用度が高くありません。
高い信用をしっかりと得て、会社の運営をやりやすくしたければ、株式会社を選ぶのがおすすめです。

これが高いと、具体的にどんないいことがあるのでしょうか?
たとえば新規取引先を開拓するときに有利です。
新規の相手と取引するかどうかは、やはりその会社の信用度が重要な基準になりがちです。
そのときに株式会社だと一般的な法人だと判断されやすく、取引を検討されやすくなります。

中には法人同士の取引は株式会社に限定している企業もあります。
このような企業とでも取引できるかもしれないのは、株式会社が持つ信用度の高さゆえですね。

さらに、何か商品やサービスを販売したとき、一般消費者からも受け入れられやすくなります。
販売元が信用される方が、商品も売れやすくなるためです。
株式会社の方が信用されやすい点が、ここでも役立つのですね。

このほか、求人を出したときに応募が来やすくなる、銀行等の融資の審査に通りやすくなるなど、社会的信用が高いときのメリットはたくさんあります。
これをより多く得られるのは、合同会社よりも株式会社です。
もしこの点を重視するなら、やはりメジャーな種類となる株式会社を選ぶといいでしょう。

ただ、合同会社にもメリットがあります。
こちらの方が会社運営の手間が少ないため、経営に慣れていない方には向いています。
株主総会などを開く必要はありませんし、決算情報を毎年公開する必要もありません。
株主がいないため、そちらへの配当などを考える必要もないのです。

社会的信用も株式会社に比べるとまだ低いですが、個人事業主よりは高い信用がありますから、こちらを作るメリットは十分にあります。
また、設立にかかる費用や手間が少ないのも合同会社の方です。
株式会社のメリットとなる社会的信用をそれほど重視しないなら、合同会社を設立するのもおすすめですね。