llcとは

自分がどこかの会社へ入社するとき、多くの場合は株式会社となるでしょうが、自分がこれから会社を作るなら、無理に株式会社を選ぶ必要はありません。
ここではllcを選ぶこともできます。
あまり聞きなれない言葉ですが、llcとはなんでしょうか?

llcとは、日本語でいうと合同会社となります。
合同会社といわれてもやはり聞き覚えがない方も多いでしょうが、これは株式会社とはまた別のスタイルの会社です。
新しく起業するとき、こちらの合同会社を選ぶのもかなり現実的な話で、実際にこちらを選ぶ方もおられます。

llcとはどういう会社になるのでしょうか?
その大きな特徴は、その会社に出資した方が社員となることです。
出資とはその会社の活動資金に自分のお金を提供することです。
どんな会社でも元手のお金がなければ活動ができませんから、市場の投資家や知り合いなどから出資を募るが一般的です。

このとき、株式会社の場合は自社が発行した株式を買ってもらう形で出資をもらいます。
何の見返りもなしにお金を出してもらうのは難しいですから、株を買うという形で、出資した方にも利益があるようにするのです。
出資した方は以降、その会社の株主となり、配当を受け取れます。
また、株主はその会社のオーナーとなり、株主総会などにも参加できます。

会社への出資はこのような方式が一般的ですが、合同会社の場合、出資をした方はその会社の社員となり、以降は経営に参加していきます。
また、合同会社の社員は全員が同じ権限を持ちますから、社員全員がその会社のオーナーでもあるという立場になるのです。
これがllcの大きな特徴です。

この特徴から、llcは会社としての意思決定が簡単なため、会社経営のスピードも早くなります。
株式会社の場合、なにか重要な決定をするときは、その会社のオーナーとなる株主へ連絡し、了承をもらわないといけません。
これがllcなら社員がオーナーも兼ねているわけですから、自分たちで話し合って合意ができればそれでいいのです。
社内にいない外部の人間と連絡を取る必要がないため、意思決定も早くできるのです。

さらに、基本的には社内にオーナーがいる状態となりますから、外部に向けて決算情報を公開する必要もありません。
株式会社の場合は株主が社外にいることも多いですから、その決算の内容は毎年公表する義務があります。
このような手間がllcならないため、運営の手間も軽めです。
自分で会社を作るならこのようなllcを選ぶこともできます。