会社の種類

会社設立に向けて最初に決めることと言えば会社形態をどうするか?だと思いますが、現在日本には株式会社・合同会社・合名会社・合資会社と4つの会社形態があり、この中から選択することになります。
そこで今回は4つの会社形態の特徴を紹介していきますので、これから会社形態を決める人は参考にしてください。

まずひとつめの株式会社ですが、これは日本でもっともポピュラーな会社形態で、会社と言えば株式会社をイメージする人がほとんどではないでしょうか?
そもそも会社設立=株式会社を設立するとはじめから決めている人も多いですし、それだけ定着しているところは大きなメリットでもあります。

なぜなら一般的に認知されているということはとても安心感がありますし、知っていることで信頼性の高さに繋がりますから、それだけビジネスに役立つのです。
ビジネスシーンにおいて信頼性は非常に重要な部分ですから、日本でもっともポピュラーな会社形態という時点ですでに大きな武器になっているのです。

もちろん株式会社にしかない特徴として株式を発行できるというものがあり、これは発行した株式を買ってもらうことによって資金調達ができますし、上場企業になれば知名度もさらに上昇します。
次に合同会社ですが、合同会社は近年選択する人が増え始めている会社形態で、特徴としては社員全員が有限責任社員となり、全員で協力して運営していくスタイルという点があげられます。

役員の代わりに代表社員という形を採用していますが、これはあくまでもみんなの代表という立場であり、株式会社でいう所の役員とは異なる立場になります。
会社設立費用も株式会社の半分以下に抑えられますし、全員が有限社員なので万が一のときにも負担は小さく抑えられます。

基本的に株式会社か合同会社を選択する人がほとんどで、合名会社と合資会社を選択する人はなかなかいません。
なぜなら合名会社の特徴は無限責任社員のみで形成されるため、法人化することのメリットがほとんどありませんし、合資会社は有限責任社員と無限責任社員で構成されますが有限責任社員はあくまでも支援者という立ち位置になり、実際に運営するのは無限責任社員になるからです。

つまりこの2つの会社形態は法人化することを目的としたものではなく、たとえば身内だけで商売をはじめるときに会社形態にしておいたほうがやりやすいというときのみに採用されます。
それでも稀なケースですから基本的にはないものと考えても問題ありません。