株式会社設立に必要な印鑑証明

株式会社を設立するなら必ず覚えておかなければならないのが印鑑証明に関することで、これには一連の流れがあります。
ここでは印鑑証明取得の流れをお伝えしていきますから、これから株式会社を設立したいと考えている方は覚えておきましょう。

はじめに印鑑証明を取得するためには当然ながらそのための印鑑を準備しなければなりませんが、会社設立の際に準備する印鑑は全部で4種類あります。
ひとつめは会社の代表者の印鑑で、これは実印とも呼ばれますがこれは公正証書を取得するときや登記申請のとき、また不動産や自動車などを購入するときなど大きな契約をするときに必要になります。

この実印は基本的に代表取締役個人のものと会社専用のものの2種類を用意しておくことが多く、前者は代表取締役個人が契約する場合に使われますし後者は会社として契約するときに使われます。
ふたつめは銀行印で、これは文字通り銀行口座の認印のことで法人用の銀行口座開設時だけでなく手形や小切手を利用するときにも必要になります。

そしてみっつめは社印でこれは各種見積書や請求書、領収書などに押すための印鑑で、実印を押すまでもないような簡単な書類へ押すときに使われます。
最後にゴム印は会社の名前や所在地、電話番号などを記載した印鑑で、こちらも簡単な書類に押すことが多く社印と同様に会社でもっともよく使われる印鑑になります。

この中で印鑑証明が必要になるのは実印と呼ばれる会社の代表者の印鑑、そして会社専用の印鑑のふたつで、これらの印鑑証明を発行するためにはまず最寄りの市町村役場で印鑑登録を行います。
印鑑登録を行ったあとはその証明として印鑑証明を発行してもらえますので、それを発行して公証役場そして法務局へ届け出るときに持参してください。

ひとつ注意して欲しいのが印鑑証明に記載されている住所と登記書類に記載されている住所が違うと印鑑証明自体が無効になってしまいますので、必ず同じ住所になっているか確認しましょう。
先ほども少し触れましたが、印鑑証明は公証役場と法務局へ提出することになっており、これは公証役場は定款の認証時に発起人の印鑑証明が必要になり、法務局へは登記申請時に取締役全員の印鑑証明が必要になるからです。

印鑑証明の取得自体はとても簡単ですが、印鑑を複数作成しなければならないので時間がかかることもありますから、できるだけ早めに準備しておくとスムーズに手続きできると思います。