株式会社の資本金

株式会社を設立するにあたっていくら資本金を準備すればいいのか情報収集している人も多いと思います。
一般的に会社設立すると言えば株式会社を選択する人がほとんどでしょうし、資本金はその核となる部分なので十分な金額を用意しておかなければなりません。

まず資本金とはどんなお金かと言うと、会社運営をしていくために使われるお金ですから、それ以外のことに使うことはできません。
つまり会社の運営をスタートさせた後にどのような運営していくかは資本金の使い方にかかっていると言っていいでしょう。


会社スタートしてからすぐに結果が出れば一番いいのですが、なかなかそうはいかないでしょうし、取引先を見つけるまではしばらく赤字経営が続くことを覚悟しなければなりません。
その期間をできるだけ短くするためには営業力や商品の魅力が必要になるのですが、資本金を多く準備しておくことによって心の余裕も生まれますし安定した状態で経営スタートできます。

それではどれくらいの金額を用意すれば資本金としてちょうどいいのかと言うと、これは会社スタートから3か月分程度運営できる金額が適当だと言われています。
3か月分の運営費があれば会社の組織を整えることも可能ですし、順調にいけば軌道に乗って来るころなので安心して会社をスタートできるでしょう。

もちろん3ヵ月経過してもなかなか結果が出せないケースもありますから、一概に3か月分の運営費が適切とは言い切れない部分もありますが、これくらいあればいいという目安にはなります。
ただし、資本金は多ければ多い程良いというわけでもなく、多くなることによって負担が大きくなってしまう場合もあります。

たとえば資本金を1,000万円以下に設定しておくと消費税の納付を最大で2年間免除することができますから、その分コストカットすることができます。
消費税は仕入れに必ずかかってくるお金ですし、その費用が大きくなればなるほど消費税の負担も大きくなりますから会社をスタートして間もないころには大きな負担になることも少なくありません。

そういったことを踏まえてあえて資本金1,000万円以下の規模で経営できる会社からスタートするところも多いですし、少しずつ段階を踏んでいくほうが実はステップアップも早いと言われています。
このように株式会社を設立するときには資本金をいくらに設定するのかも重要なポイントになりますので、発起人で集まったらきちんと話し合ってください。