合同会社の設立

会社の種類として一般的なのは株式会社の方ですが、会社設立といえばこちらを選ぶ必要はありません。
合同会社という種類の会社もあり、こちらを選ぶ人もいます。
その特徴を確認し、合同会社を設立した方がいいと思えば、こちらを選んでみるといいでしょう。

合同会社の大きな特徴は、法人としての活動が簡単にできるわりには、それにかかる手間や費用が安く済むことです。
この会社を設立した場合、以降は株式会社と同じようにその法人として仕事をしていきます。
合同会社というやや知名度の低い種類の会社にはなりますが、それでも法人としての肩書がつくことで、社会的信用は比較的得やすくなります。
これのおかげで新しいお客さんを得やすくなり、事業の維持・拡大がしやすくなるのです。

このような利点がある代わりに、法人ならではの手間や費用がかかったりしますが、合同会社は株式会社ほどその負担が重くないのが特徴です。
まず設立にかかる費用が安くなります。
株式会社の場合、最低でも20万円は必要ですが、合同会社なら最低6万円です。
紙の定款を作って手続きし、4万円分の収入印紙が必要になったとしても、合計10万円で法人の設立ができるのです。

設立後の運営も株式会社よりは負担が軽く、法人運営に慣れていない人でも比較的楽に運営ができます。
株式会社の場合は、決算の内容などを毎年世間に向けて公表する義務があることを知っていますか?
株を発行することで資金調達がしやすい代わりに、その会社の運営状況などがわかるデータも公開する必要があるのです。
合同会社の場合、あくまで社員自らが出資者となって資金を出し合い、それを運営している会社になりますから、世間に向けて毎年決算内容などを公表する義務はありません。

また、株主がいませんから、株主総会などもないのです。
合同会社を設立した場合、その会社のオーナーは出資者である各社員となりますから、普段は経営や運営に参加していないオーナー陣を改めて呼ぶ機会などは必要ありません。
出資者である社員同士で話し合い、合意ができれば、その会社の重要な決定事項などを決められます。

このように多くの利点があるため、株式会社にする必要性がないなら、合同会社を設立するのもおすすめです。
設立にかかる手順も短く、定款を作成したらすぐに資本金を用意し、法務局での登記に入れます。
株式会社の場合より手順も短いため、設立手続きの負担も軽めです。
これから設立する会社の種類について、どれにするかまだ決めていないなら一度じっくりと考えてみるといいでしょう。