会社設立の種類とはどんなもの?株式会社以外でもできるの?

将来自分の会社を設立したいと考える人が増えてきていますが、一番はじめにやらなければならないのが会社の形を決めることです。
現在、会社の種類は全部で4種類あって、株式会社・合同会社・合名会社・合資会社と分かれていますから、それぞれの特徴を把握し、自分の現状ややりたい事業の内容によって判断してください。
会社設立に向けてここが決まらなければ、会社の骨組みを作っていくこともできませんので、何よりも先に優先すべきだと言えるでしょう。
それでは4種類の会社の形にはどんな特徴があるのでしょうか?

まずひとつめは株式会社で、おそらく会社設立を考えている人のほとんどが最初の選択肢に選ぶのがこの株式会社だと思います。
株式会社のもっとも大きな特徴はその名の通り株式を発行できる点にあり、それを買ってもらうことによって運営資金に充てることもできますし、名前が売れるきっかけにもなります。
株式を買ってくれる人のことを株主と呼び、その株主の数が多くなればなるほど会社の知名度も並行して上がっていくはずです。
また会社の運営については代表取締役など役員にあたる人達が中心になって行いますが、定期的に株主総会が開かれますし、株主にも経営に口を出す権利は与えられます。
ただ通常の業務は会社に所属する人間が中心になってしますから、役員の指示のもとに社員が動いていくというのが一般的でしょう。

次に合同会社ですが、この形態が近年急速に知られてきたもので、特に欧米では年々数が多くなっていると聞きます。
合同会社のもっとも大きな特徴は働く人全員で出資し合って会社を運営していくところで、全員に有限責任が与えられます。
しかしそのシステムの特性上、株主や株主総会は設置しておらず、会社にかかわる人はすべて内部の人ということになります。
また出資者全員が有限責任を与えられますので、万が一大きなトラブルが起こったときに一部の人だけ大きな負担を背負うことがありませんし、その点は大きなメリットと言えるでしょう。
ただかかわる人全員が出資者となるので、株式会社に比べれば閉鎖的な会社になりますし、採用の基準も高くなるでしょう。

そして合名会社は非常に稀なケースと言える形態で、なぜなら全員が無限責任社員となり、全員が会社の代表のようなシステムになるからです。
これは会社というよりも個人事業主が集まった組織といったほうが正しく、ごく一部の身内で集まって作る会社と考えたほうがいいでしょう。
実際に合名会社を見る機会はなかなかありませんし、会社設立のプロの人でも滅多にお目にかからないそうですから、非常にめずらしい会社なのです。
さらに無限責任社員になりますので、万が一トラブルが起こって大きな負債を抱えたときにもリスクは大きいです。

最後に合資会社ですが、こちらは少し特殊になります。
まず有限責任社員と無限責任社員の両方が存在するのですが、有限責任社員はあくまでも出資者という形になっていて、実際に運営していくのは無限責任社員になります。
つまり有限責任社員は社員として働くのではなく、支援すると言ったほうが正しく、少し悪い言い方をすればお金を出すだけの存在なのです。
形としては株式会社に似ている点もありますが、株式会社の場合は有限責任社員がしっかり経営に関わりますので、その点は大きく異なります。
きちんとした会社組織にするなら株式会社のほうがおすすめですが、個人事業主などできるだけ安く会社設立したい人の中には合資会社を選択するケースもあるみたいです。

このように会社の種類はいずれも特徴が違いますので、自分の求める会社のシステムに合致しているか確認してみましょう。
特性を見ても分かりますが、一般的には株式会社がもっとも多く選ばれており、続いて合同会社を検討します。
合名会社と合資会社はリスクも大きいですし、メリットもあまりないので選択肢に入れる人はほとんどいません。

また株式会社が選ばれる背景には常に開かれているからというのも大きく、飛躍する可能性がほかの形態よりも大きいからです。
株式を公開していればそれだけで宣伝効果も期待できますし、いろいろな人から力を貸してもらえればどんどん会社を大きくすることもできるでしょう。
どうせ自分の会社を持つならできるだけ大きくしたいと考える経営者がほとんどですし、今後も株式会社が一番の選択肢になるのは間違いありません。
ただ結束し合って成長しようという志を持つ合同会社も今後は増えてくると予想されています。

会社の種類についてさらに詳しく知りたい人は司法書士に相談したり、インターネット上に公開されている専門サイトを覗いてみるといいでしょう。
最近では司法書士のホームページに会社設立について解説しているところもありますし、専門サイトでは会社設立の流れからリスクなども詳しく書いてあります。
そのほか東京で会社設立したいなら東京の事例を参考にするとよいでしょう。
自分の会社を持つならできるだけ理想に近いものにしたいはずですから、ひとつひとつ情報収集をしていきましょう。